収入さえあれば90万円借りることが出来ます

子育てにはかなりお金がかかるため、20代前後で結婚した人の場合は、
まだ夫婦ともにお金がほとんどない状態なので、
苦労することがたくさんあると推測されます。

ご両親によるサポートがあれば良いですが、自分たちだけで
やって行かなければならない場合は、生活していくうち、
お金が足りなくなってしまうようなこともあるかも知れませんね。

今すぐ100万円が必要なのに、10万円しか用意できなくて、
あと90万円足りないといったことが起こる可能性もあるので、
いざというときはキャッシングでお金を手に入れることをおすすめします。

とはいえこれまで一度もキャッシングを利用した経験がない場合は、
収入が少ないのに貸してくれるんだろうかとか、
フリーターでも利用できるのかなど、色々考え、
悩んでいる方もあるのではないでしょうか?

安定した収入があれば借入は可能!
でも90万円となると年収270万円は必要

90万円ともなるとさすがに大金なので、
そんな風に思ってしまう気持ちもわかりますが、結論から言いますと、
毎月安定した収入のある方なら誰でも借りられるので、
安心してキャッシングに申し込んでください。
ただし、安定収入と言っても消費者金融などの賃金業者で借入する場合は
総量規制の対象となるので、借入は年収の3分の1までに制限されるので、
90万円の借入をする場合は最低でも270万円以上の年収が必要です。

■総量規制
賃金業者である消費者金融は年収の3分の1までの貸付に制限

なので、270万円以上の収入さえあればもちろんフリーターでもパートでもOKなので、
気になる方はローン会社に問い合わせてから申し込むと良いでしょう。

銀行のキャッシングの場合は多少審査が厳しくなっているので、
場合によっては落とされる可能性がありますが、
消費者金融の場合はそこまで厳しくないので安心です。
多重債務者でなくて、収入がクリアできれば通る可能性があるので、
申し込みしてみても良いかもしれません。

総量規制対象外の銀行キャッシングなら90万円借りられる可能性もある

上記で銀行の方が審査が厳しいと言いいました。確かに審査は消費者金融に比べると厳しいのですが、
賃金業者が対象の総量規制は銀行法での業務を行う銀行キャッシングでは対象となりません。
そもそも異なる法律下での業務なので年収の3分の1までの借入に制限されないわけです。
そのため、消費者金融では借入できない金額を借りる事が法律上は可能となります。

キャッシングできるかは審査での返済能力と信用調査次第

ただし、銀行キャッシングだからと言って200万円や300万円などいくらでも
借入できるわけではありません。
当たり前ですが、審査で返済能力を判断された上で融資してもらえるので、
返済能力が高い(収入が多い)に越した事がはありません。
もしも年収が250万円くらいの場合で、消費者金融では総量規制によって
借入できない時でも銀行カードローンであれば借入できる可能性はあります。