返済について

消費者金融での借り入れに限らず、お金を借りたのならば
当たり前ですが返さなければなりません。

そもそもお金が足りなくて、その足りない分の穴埋めとして
借り入れを行っているわけですから、きちんとした返済計画を立てておかないと、
返済することが苦しくなってしまいます。
借りることは別に悪くありません。お金がなくて家賃が払えないという人もいるようですので
借入した後返済しなかったらそれこそ大変!になってしまいます。

例えば、翌月には借り入れ分を一括で返済できる予定があるという場合には、
一括で返済してしまうのが、もっとも返済額を少なく利用できますが、
そうでない場合は、月々決まった金額をきまった期日に返済する、
リボルビング払いで返済することになります。

主流はリボルビング返済

かつての消費者金融での借り入れは、どちらかというと一括払い。
クレジットカードのキャッシングなどでの借り入れは、
リボルビング払いが主流という時代もありましたが、
現在では、どちらの借り入れでも柔軟に返済方法を選択できるようになってきたため、
返済方法という面では、両者ほとんど変らないといってもいいでしょう。

しかしリボルビング返済は、毎月一定額の返済で済むため、
月々の負担は少なくて済みますが、長期間の返済となるケースが多いため、
利息分を含めた総支払額が大きくなりやすい傾向にあります。
また、返済額を気にせず気軽に借り入れができてしまうため、
少しずつ借りていても、気がついたら限度額いっぱいまで借り入れてしまった。
などという状況に陥りやすいのが特徴です。

繰上げ返済を活用

リボルビング払いで返済をしている場合に、今月はちょっと余裕があるなんて時は、
決められた返済額に加えて多めに返済する、繰り上げ返済という返済方法があります。

金利にもよりますが通常のリボルビング払いでは、
月々の返済額のうちその多くを利息分が占めています。
実際の返済額のうち元金に相当する分を返済しているのは、ほんのわずかである場合が多いです。
繰り上げ返済を行うことによって、多めに元金分を返済することができるので、
全体の利息分を減らすことができるとうわけです。

しかし、繰上げ返済をしたからといって、翌月の返済額は変りませんので、
そのことを踏まえたうえで繰上げ返済をしないと、
翌月に泣くことになりますから注意しましょう。